良い汗と悪い汗を知って体臭対策

汗がでる部分は人間決まって汗腺と呼ばれる部分から汗がでます。汗腺は2種類がありエクリン腺、アポクリン腺があり、体全体に分布されているのがエクリン腺、一部のパーツにあるのがアポクリン腺です。エクリン腺から出る汗というのは「良い汗」として分類されます。状態としては水に近い。サラサラした汗なのが特徴。エクリン腺からでる汗の物質としては塩分と水分です。体外に排出されても蒸発しやすいのが特徴。同時に体温調整も行ってくれる優秀な汗です。

逆に「悪い汗」と言うのはミネラル分が体に再吸収されずに体外に汗と一緒に排出されている状態です。ミネラルといった体に必要な栄養分も含んでいるためベタベタした汗となり蒸発もしにくい状態となります。悪い汗をかく人の特徴としては肉食中心、ストレス過多、運動不足などを挙げることができます。このような状態の場合は汗が異臭を放ちやすいです。

良い汗というのは蒸発しやすく少量の塩分を含みます。そのため皮膚表面を酸性に保ち、皮膚常在菌の繁殖を防ぎます。すなわちニオイの原因となりにくい汗となっています。悪い汗は皮膚をアルカリ性にして常在菌が繁殖しやすい環境となり体臭を発生させるといったメカニズムがあります。

端的に言うと良い汗は運動など血行や代謝促進によって必然的にかくもの。悪い汗というのは反対でいわゆる汗をかかされているといった表現が良いでしょう。蒸発しにくいので皮膚表面に残りやすくダラダラと流れ続けるのも特徴です。もし自分の汗が悪い汗に当てはまる場合は対策を講じていくことが大切です。

ニオイ対策は色々なサイトが紹介してくれていますが、グッズも含めて徹底的に行うのが良いです。情報量も多いサイトでは「体臭対策マガジン」といったホームページは多くの情報を紹介してくれているので自分に合った方法を選んで対策してみてください。